ロハスクラブTOP

City Planning

 « メイン

ロハスな街づくり

ベロタクシーは、街のカフェになります

- 月刊「ソトコト」2005年1月号より -

ベロタクシーは、移動手段を超えたものへ

最先端人力車「ベロタクシー」は、 懐かしい未来の交通手段。 ルックスもかわいらしいうえに、ガソリンを必要とせず、 人力だけでいつまでも走り続ける。 お気に入りカフェのように、 長くいつまでも愛用すべきロハスな乗り物だ。
「ロハスクラブ」はソトコト誌内に毎号掲載しています。 ソトコトの定期購読お申し込みはこちらから。


「水辺のまち」再生プロジェクト

- 月刊「ソトコト」2005年1月号より -

水都

大阪は、その面積の1割を川などの「水」が占める、 日本全国でもほかにない「水の都」だ。 河川と運河にぐるりと囲まれた「まち」を 川から眺めると、表の顔とは違う、 思いがけない「まち」の表情に出会う。 陸路でなく、水辺から大阪という都市を再生させよう。 そんな試みが始まっている。
「ロハスクラブ」はソトコト誌内に毎号掲載しています。 ソトコトの定期購読お申し込みはこちらから。


LOHAS Style in JAPAN 土地の力に守られた人、家、町の幸せな関係

- 月刊「ソトコト」2004年11月号より -

土地の力に守られた人、家、町の幸せな関係

和のテイストを盛り込み、着心地のいい洋服を 提案しているファッション・ブランド、群言堂。 木綿や麻など自然素材を用い、 伝統的な絣や織りを現代感覚で洋服に仕立てている。 そこには、ありがちな野暮ったさなど微塵もなく、 かといって海外ブランドに倣うわけでもなく、 日本的、あるいは東洋的な趣がある。 その群言堂の本社があるのは、 島根県・石見銀山のお膝元の小さな町、大森町だ。 東京ではなく、あえて大森町に本社を据え、 服作りはもちろん、町並み保存や 古い建物の再生にも力を注ぐ。 いったい群言堂は、どこへ向かおうとしているのだろうか?
「ロハスクラブ」はソトコト誌内に毎号掲載しています。 ソトコトの定期購読お申し込みはこちらから。


 1 |  2 | All pages
(C)Lohas Club