ロハスクラブ
家族や地域、自然と育むコミュニケーションを!
小学校の跡地を活用した「東京おもちゃ美術館」。木のおもちゃで遊ぶ場を届ける「木育キャラバン」が、家族や地域のコミュニケーションを育んでいる。
上/東京おもちゃ美術館の遊具「木の砂場」。4種類の木でつくったピンポン玉大の球形の木が約3万個敷き詰められている。右上/今年のロハスデザイン大賞新宿御苑展で行われる木育キャラバンの構想スケッチ。右下/トラックで積み荷を運ぶおもちゃ、こまーむの「Tuminy」。左下/宮崎県で開催された木育キャラバン。

 丸い木の玉が山盛りになった「木の砂場」や、全国のおもちゃ作家の作品など、館内に展示するおもちゃのほとんどが触って、遊べる「東京おもちゃ美術館」。NPO「グッド・トイ委員会」が運営し、子ども連れのファミリーの人気スポットとなっている。 「当館が大切にしているのは、コミュニケーション。子どもと親、シニアの方が一緒におもちゃで遊ぶことで、発見や喜びを分かち合えるような関係を育む場になればと考えています」と話すのは、ディレクターの岡田哲也さん。「子どもにおもちゃを与えるだけではなく、おもちゃを使ってどういう時間を過ごすのかというソフトの部分が大事なのです」。

 そんな、東京おもちゃ美術館のコンセプトをそのまま館外へ運び出したのが「グッド・トイ キャラバン〜木育キャラバン〜」だ。赤と緑のキャラバンボックスに木のおもちゃを詰め込み、全国の児童館や博物館などへ年間十数回、木育の場を提供している。

 木育の場で大人から頻繁に尋ねられるのは、「このおもちゃはどうやって遊ぶのか?」という質問。「パズルや積み木はピースを集めてかたちをつくる遊びだという既成概念が、遊びの幅を狭めています。遊び方は、自由です。子どもは、石ころでも棒きれでも一瞬にしておもちゃに変えてしまう遊びの天才ですから」と岡田さんは笑顔で話す。

 木育キャラバンの開催地では、地域のコミュニケーションも生まれている。木材加工業者の協力で行われた「おがくずのお風呂」に関心を持った幼稚園の園長が、「今度、私の園でも実施したい」と業者に声をかけ、「いいですよ。ワークショップを開きましょう」と交流が生まれた。岡田さんは、「同じ地域に暮らしていても普段は交流のない人たちが、木育キャラバンの場で出会い、コミュニケーションを育む。そうして、子どもの遊び文化や木の文化の理解が深まることに、木育キャラバンの意義があるのです」と語った。

 そんな木育キャラバンが、「第7回ロハスデザイン大賞2012新宿御苑展」にやってくる。新宿御苑は緑が豊か。木のおもちゃで遊んだ後は、本当の自然に目を向けるきっかけを子どもたちに与えるだろう。

 その後、木育キャラバン実施の発表も含め、事務局の上田啓介からロハス評議会のメンバーに向けて、今年の新宿御苑展のテーマである「ソーシャル・エコデザイン」の定義が説明され、閉会した。

右/モニターで紹介された木育キャラバンの事例。これは、栃木県鹿沼市からやってきた、廃材からつくった金魚をすくう「木んぎょすくい」。左上/東京ミッドタウンの「d-labo」で開催。下右/「何に見えます?」とパズルを示す岡田さん。下左/ゾウのパズルを倒さないように積み上げる。ライターが挑戦。


今月のDATA
日本の木のおもちゃ自給率は、たった5%!

食品アレルギーの対応食がある避難所は2%。
東京おもちゃ美術館館長の多田千尋さんによれば、国産材のおもちゃは5%しかないそうだ。そこで同館では、全国のおもちゃ作家・職人が地元の間伐材でつくったオリジナルのおもちゃを、木育キャラバンで子どもたちに届ける取り組みを行っている。さらに、今年度からは新宿区と協働で「ウッドスタート」事業を実施。新宿区では年間2300人ほどの新生児が誕生するが、その子どもたちに区が木のおもちゃをプレゼントする。おもちゃをつくるのは、新宿区と友好提携を結ぶ長野県伊那市の木工職人。伊那の木のおもちゃが、新宿の子どもたちを笑顔にするのだ。同館をはじめ、さまざまな木育活動を応援し、自給率アップを目指そう!


Copyright (C) LOHAS CLUB. All Rights Reserved.