ロハス企業レポート
ロハスクラブTOPへ
ロハス企業レポートとは
毎月開催される「ロハスクラブ評議会」では、評議員企業がレポートを発表しています。
各企業のロハスな取り組みから、「ロハスがどのような方向に向かうのか」を考てみませんか?

第16回 YKK 第15回 積水ハウス 第14回 アースホールディングス 第13回 ベストアメニティ 第12回 カルビー 第11回 キリン ヤクルト ネクストステージ   第10回 ルイ・ヴィトン 第9回モスフードサービス 第8回王子ネピア 第7回 三菱地所 第6回 帝人 第5回 松下電器産業 第4回 三越 第3回 TOYOTA 第2回 ANA 第1回 東京電力
coming soon
  • 第17回 シーズクリエイト

YKKグループの環境への取組みと商品について

会社概要・企業理念

会社概要

会社概要

YKKは、1934年に創業者である吉田忠雄が東日本橋に「サンエス商会」を設立したことにはじまります。現在ではYKKとYKK APの2社を含めたYKKグループとして、世界70の国と地域に119社の拠点を持ち、売上高は全体で約6600億円、従業員は4万1000人という事業規模となっています。YKKグループの連結売上高のうち、建材事業で約59%、ファスニング事業で約40%を占めています。地域別の連結売上高は、日本が約60%、海外で40%、ファスナーの売上に関しては、国内で約2割、海外で8割となっています。
YKKグループ全体の従業員数は4万1000人となります。うち、建材事業で約1万8000人、ファスニング事業で約2万人、地域別にみると、国内で44%となる1万8000人、海外で56%となる2万3000人と、海外の比率が高くなっています。

YKKグループの本社は東京の秋葉原にあり、国内各地に事業所があります。そのなかで、黒部事業所が総工場の敷地面積の約半分を占めています。YKK発祥の地である富山県黒部に工場を稼働させたのが1955年5月、創業者の吉田忠雄が黒部市の隣にある魚津出身で、その縁で工場を建てたといういきさつがあります。

事業の紹介

YKKグループ 製造品目

YKKグループの製造品目は、ファスニング・建材・工機と大きく3つに分類されます。工機とは、ファスナーや建材を製造加工する機械を生産する事業を指し、一貫生産でファスナーや建材を生産していることが、グループの特徴といえるでしょう。

ファスナー生産量の推移をみていく上で、ポイントが二つあります。一つは、1950年以降、国内の生産量が増えている点です。これ以前、ファスナーは手作業で作っていましたが、アメリカより自動植付機を導入することで、量産・販売ができるようになりました。
もう一つは、1970年代のオイルショックの影響もあり、為替変動リスクを下げるために、また海外のファスニング事業の伸びを予測して海外進出をスタートし、海外の生産量が増えていった点となります。
YKKグループは、日本を含めて70か国に事業展開をしていますが、創業者の吉田忠雄の「土地っ子」になれという理念のもと、その土地を大切にした生産活動を行いながら、事業を展開してきました。

環境経営について

環境宣言

これまでの予想を超えるスピードで進行している地球温暖化が、深刻な問題として立ち現れている中、企業に求められるのは、サスティナブルな企業経営だと考えています。単に、商品の品質や性能、価格などで消費者が企業を選択するのではなく、それにプラスして環境配慮や安全性、社会への配慮などの企業姿勢によって、消費者や社会が支持する企業を決定するようになると考え、YKKグループでは1994年に社長自ら環境宣言をし、これに基づいて環境経営方針を決定し、現在では4つの中長期的な政策を掲げています。

環境経営基本政策

(C)Copyright 2005 ロハスクラブ(Lohas Club)