ロハス企業レポート
ロハスクラブTOPへ
ロハス企業レポートとは
毎月開催される「ロハスクラブ評議会」では、評議員企業がレポートを発表しています。
各企業のロハスな取り組みから、「ロハスがどのような方向に向かうのか」を考てみませんか?

第16回 YKK 第15回 積水ハウス 第14回 アースホールディングス 第13回 ベストアメニティ 第12回 カルビー 第11回 キリン ヤクルト ネクストステージ   第10回 ルイ・ヴィトン 第9回モスフードサービス 第8回王子ネピア 第7回 三菱地所 第6回 帝人 第5回 松下電器産業 第4回 三越 第3回 TOYOTA 第2回 ANA 第1回 東京電力
coming soon
  • 第17回 シーズクリエイト

カルビーのブランド価値経営~

カルビーの歴史

未使用資源の有効活用

かっぱえびせん

1949年、広島に松尾糧食工業が設立され、「かっぱえびせん」の元になる「かっぱあられ」という小麦を主原料として作られたあられを1955年に発売しました。戦後期にあたる当時、米の価格が高く、小麦の方が安価であり、小麦を使って一般の市民の方々が手軽に栄養を摂取できるお菓子を作りたいというおもいから、このような商品を発売しました。同年、社名をカルビー製菓に変更しました。
その後、1964年に「かっぱえびせん」を発売します。これは、かきあげや乾燥海老などしか用途がなかった瀬戸内海で捕れる小さいエビを小麦粉で作ったスナックの生地に練りこんだものです。創業者が子どものころ食べた海老のかきあげをスナックにできないか、という発想から生まれた商品です。

その後、1972年発売の「サッポロポテト」、1975年発売の「ポテトチップス」とじゃがいもを材料にした商品を中心に、事業を拡大していきました。
当時、たくさん収穫されたじゃがいもは、でんぷんに加工して非常に安い値段で処理するほかない状況にありました。そこで、北海道から、じゃがいもを活用したスナックを作れないかという依頼があったのが、商品開発のスタートとなります。最初に小麦粉にじゃがいもを混ぜた「サッポロポテト」が誕生し、その後じゃがいもそのものを使った「ポテトチップス」が販売されるようになりました。
小麦や小エビ、じゃがいもなど、日本であまり有用化されていなかった資源を使って社会に貢献する、これがカルビーの創業の精神となっています。

品質管理と、じゃがいもの研究

1972年に「サッポロポテト」が発売されてから、北海道のじゃがいもを対象に鮮度管理の取り組みが始まりました。1976年から、製造日付を刻印するようになり、1985年からは油の酸化を防ぐために、パッケージを透明の袋から、アルミ蒸着フィルムの袋に変更しました。

その後、北海道の十勝に「十勝馬鈴薯研究所」を設立し、品種の研究や栽培技術の研究を行っています。1996年には、商品自体に窒素を充てんすることでできたてのおいしさを保持できるようになりました。さらに、賞味期限を6か月から4か月に短縮するなど、よい製品をお届けするために、原材料をよい品質で安定して調達すること、鮮度が損なわれない規格や仕組みづくりに取り組んできました。

(C)Copyright 2005 ロハスクラブ(Lohas Club)