ロハス企業レポート
ロハスクラブTOPへ
ロハス企業レポートとは
毎月開催される「ロハスクラブ評議会」では、評議員企業がレポートを発表しています。
各企業のロハスな取り組みから、「ロハスがどのような方向に向かうのか」を考てみませんか?

第16回 YKK 第15回 積水ハウス 第14回 アースホールディングス 第13回 ベストアメニティ 第12回 カルビー 第11回 キリン ヤクルト ネクストステージ   第10回 ルイ・ヴィトン 第9回モスフードサービス 第8回王子ネピア 第7回 三菱地所 第6回 帝人 第5回 松下電器産業 第4回 三越 第3回 TOYOTA 第2回 ANA 第1回 東京電力
coming soon
  • 第17回 シーズクリエイト

カルビーのブランド価値経営~

会社概要

カルビーの紹介

かっぱえびせん、サッポロポテト(緑)ポテトチップス(うすしお)

カルビーは、もともと広島県生まれの企業ですが、現在は本社が東京都北区にあり、売上は1000億円程度、お菓子や食品の販売がメインとなっています。地域カンパニー制により、7つのカンパニーに分かれています。それぞれの地域にポテトチップスの工場があり、鮮度の良い商品をお客様にお届けできるようになっています。

カルビー発祥の商品となるのが、「かっぱえびせん」で、2007年で43年目を迎えます。その他、野菜系スナックとよんでいる「サッポロポテト」などのスナック系商品も数多くの種類があります。
メインとなる商品が、「ポテトチップス」です。うす塩味のベーシックなものから、さまざまなフレーバーもの、食感が硬いものなど、多様なラインナップとなっています。
また、「じゃがりこ」というカップに入った商品も既に発売から10年以上たち、最近では品揃えも増えてきています。
オイシアというグループ会社からは、ブラウンシュガーやフルーツグラノーラといったシリアルも販売しています。
また、全国のコンビニエンスストア限定で、「Jagabee」という、じゃがいも本来のおいしさが生きるように加工した商品を発売しています。

じゃがりこサラダ フルーツグラノーラ ブラウンシュガー ジャガビー

企業理念と、社名の由来

カルビーグループの企業理念は、「私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します」というものです。
社名は、カルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」が由来となっています。今から60年くらい前、日本人は欧米諸国と比較して健康状態が良くありませんでした。創業者の松尾 孝が、カルシウムとビタミンB1の摂取が健康に大きく貢献することを知り、健康食品づくりに取り組むという思いを託したのが、カルビーという社名になります。

(C)Copyright 2005 ロハスクラブ(Lohas Club)