ロハス企業レポート
ロハスクラブTOPへ
ロハス企業レポートとは
毎月開催される「ロハスクラブ評議会」では、評議員企業がレポートを発表しています。
各企業のロハスな取り組みから、「ロハスがどのような方向に向かうのか」を考てみませんか?

第16回 YKK 第15回 積水ハウス 第14回 アースホールディングス 第13回 ベストアメニティ 第12回 カルビー 第11回 キリン ヤクルト ネクストステージ   第10回 ルイ・ヴィトン 第9回モスフードサービス 第8回王子ネピア 第7回 三菱地所 第6回 帝人 第5回 松下電器産業 第4回 三越 第3回 TOYOTA 第2回 ANA 第1回 東京電力
coming soon
  • 第17回 シーズクリエイト

ANAグループ プロダクトに見る「ロハス」的な取り組みについて
ゆったり、らくらく

国内線一般席新シートのコンセプトは、「ゆったり、らくらく」です。 シートをスリムにすることで居住空間を最大化すること、そして、疲れにくいシートを開発することの2点から説明していきます。

居住空間の最大化

居住空間を広げるために、シートの間隔を広げると座席数が減ってしまいます。そこで、シート形状を スリムにすることでお客様一人ひとりのスペースを増やすこととしました。図でオレンジ色になっている膝の前の部分を中心にスリム化し、 また、機内誌などが入っているポケットの位置を上に移動させました。これらにより、膝周りのスペースが約5cm拡大しています。

居住空間の最大化 疲れにくいシート

人間工学の観点から「長く座っても疲れにくい」シートを目指しました。下の写真の丸く囲った部分、骨盤と背筋をシートとクッションでサポートすることにより、 長時間のフライトでも疲れにくいシートを実現させました。

疲れにくいシート
(C)Copyright 2005 ロハスクラブ(Lohas Club)