ロハス企業レポート
ロハスクラブTOPへ
ロハス企業レポートとは
毎月開催される「ロハスクラブ評議会」では、評議員企業がレポートを発表しています。
各企業のロハスな取り組みから、「ロハスがどのような方向に向かうのか」を考てみませんか?

第16回 YKK 第15回 積水ハウス 第14回 アースホールディングス 第13回 ベストアメニティ 第12回 カルビー 第11回 キリン ヤクルト ネクストステージ   第10回 ルイ・ヴィトン 第9回モスフードサービス 第8回王子ネピア 第7回 三菱地所 第6回 帝人 第5回 松下電器産業 第4回 三越 第3回 TOYOTA 第2回 ANA 第1回 東京電力
coming soon
  • 第17回 シーズクリエイト

ANAグループ プロダクトに見る「ロハス」的な取り組みについて
国内線プロダクト戦略 アジアでナンバーワン~すべてのお客様に一歩進んだ快適性を~

ANAグループは、2009年度までに「クオリティ」、「顧客満足」、「価値創造」という3つの部門において「アジアで一番の航空企業グループになる」 という経営ビジョンを掲げています。ANAグループの国内線と国際線の売上の比率は、7:2となっており、国内線の競争力強化が重要です。 そこで、「ANAらしい」プロダクト・サービス戦略として、「スーパーシートの強化・拡大」と「一般席新シートの導入」を打ち出しました。

ANAらしさの追求→ANA新スタンダード


一般席新シートの導入

スーパーシートをリニューアルした「スーパーシートプレミアム」は大変好評で、ビジネス路線では80%を超える搭乗率が続いています。

一方、すべてのお客様に一歩進んだ快適性を提供するために、より多くのお客様にご利用いただいている一般席においても、 競争力を高めることはできないだろうかと考え、一般席新シートを開発することになりました。

一般席新シートの導入
(C)Copyright 2005 ロハスクラブ(Lohas Club)