第11回ロハスデザイン大賞2016 新宿御苑展

来場のみなさまへのお願い

グリーンオペレーション

環境負荷の小さい運営、自然エネルギーの活用について

本展の設営及び運営にあたっては、都会のオアシスである「新宿御苑」の環境になるべく負荷をかけないエコロジカルな展示運営を行います。本展に使用する電気については、昨年に引き続き、バイオディーゼルにより稼働するジェネレーターを設置。燃料には、てんぷら油の廃油由来のバイオ燃料・VDF(Vegetable Diesel Fuel)を使用することで、CO2排出量ゼロのカーボンニュートラルな運営を実現します。来場者の方々にも、公共交通機関の利用、クルマ利用時の乗り合わせの工夫、マイ箸やマイボトルの持参を呼びかけ、環境負荷の低いイベント開催を目指します。

ご来場のみなさまにおいてもご協力をお願いします。

マイ箸の持参

昼食の際などの割り箸削減のため、マイ箸をご持参ください。

マイボトルの持参

ペットボトルや紙コップ削減のため、マイボトルをご持参ください。

マイカーの乗り合い

ご都合上、クルマでのご来場の際は、ご家族やご近所のみなさまとご一緒に乗り合ってお越しください。

公共交通機関の利用

ロハスデザイン大賞 新宿御苑展にお越しの際は、電車、バスなどの公共交通機関をご利用ください。

Facebookでもロハスデザイン大賞の情報を発信しています!