ロハスクラブ/ LOHAS CLUB
第8回ロハスデザイン大賞2013ソーシャル・デザイン

2013年のテーマは 「ソーシャル・デザイン2013」

社会をよりよく、豊かに変えていくソーシャル・デザイン。それは、私たちの暮らしの中で確実に広がっています。ソーシャル・デザインはプロダクトのみにとどまることはありません。それはコミュニケーションの新たな仕組みだったり、彗星のごとく現れたソーシャル・リーダーだったり、さまざまです。「これはきっとソーシャル・デザインに違いない」とあなたが思ったものを、ドシドシとエントリーしてください!

2013年もみなさんからのよりたくさんの推薦を楽しみにしています!

今年も最終ノミネートの展示を行うエキシビジョン、"新宿御苑展"の開催が決定しました。 詳細は、決まり次第、順次掲載します。
新宿御苑展についてはこちら

スケジュール

公募エントリー受付 1月~5月7日(火)
第1次審査 4月25日(木)~5月7日(火)・・・公募エントリーを対象にインターネット受付を実施
最終審査 5月13日(月)~5月31日(金)・・・ 第1次審査の上位エントリーなどを対象にした最終審査・投票
新宿御苑展 5月17日(金)~19日(日)
大賞発表 6月5日(水・環境の日)にヒト・モノ・コト3部門の大賞を発表

ソ−シャル・デザインって?

2013年のテーマは、去年に引き続き、「ソーシャル・デザイン」です。 エコはもう当たり前の時代=「エコ・ネイティブな時代」において、私たちに必要なコモンセンスとはなんでしょう? 環境や社会をよりよくするモノ(プロダクツ)やコト(アクション)、そしてそれらをつくるヒト(アイデア)。そこには、自分と他者、社会や環境がつながることで生まれる共感性を大切にしようという意識があります。それがソーシャル・デザイン。あなた自身の身の回りにもきっとある、ソーシャルなヒト・モノ・コト、たくさんのエントリーをお待ちしています。

ロハスデザイン大賞とは?

ロハスデザイン大賞は、ロハスを体現しているヒト・モノ・コトを対象としたデザイン・プログラムとして2006年にスタートしました。生活者であるみなさん(個人メンバー)の審査・投票により、毎年6月に大賞の発表を行っています。ロハスなデザインとは、私たち人間 と地球が持続可能で健康的な関係を共有し、より豊かで快適なライフスタイルをつくっていくための知恵や思想、そして行動です。

»個人メンバーについて