ロハスクラブ/ LOHAS CLUB
第6回ロハスデザイン大賞2011エコ・ネイティブなヒト・モノ・コト 幸せにつながるグリーンな選択を!

新宿御苑展

5月20日(金)〜22日(日)に開催決定!

チャレンジ25ハウス&ロハスステージゾーン

ブース:東海大学チャレンジセンター

東海大学チャレンジセンター
仮設地から本設地などへ何度でも再築が可能。
ウッドブロックシステムを採用した資源循環型仮設住宅。

どんぐりハウス

東海大学チャレンジセンターによる、学生を中心とした「3.11 生活復興支援プロジェクト」は、学内外の多様なヒューマンネットワークを活用し、新しい発想による生活復興支援を展開しています。その一例として「持続可能な開発のための復興支援」を目的とし、国産材によるウッドブロックを利用した躯体構造に、自立型のソーラー発電&蓄電装置を組み合わせた、創エネ〒畜エネ〒省エネ=非常時にも強い、資源循環型仮設住宅「どんぐりハウス」は、1棟が被災地のニーズに応えるかたちで、岩手県大船渡市に公民館として完成。新宿御苑展にて設置される1棟は、イベント終了後、別の被災地に移築されることになっています。

どんぐりハウス

ブース:YKK AP

納得できる、窓リフォームのお店

光と風と熱の出入り口である「窓」を上手に利用することで、私たちは冷暖房に頼りすぎない、エコで快適な生活を楽しむことができます。YKK APのブースでは、チャレンジ25ハウスと連携して、光や風の通り道を考えた窓やエクステリアの配置を提案しているほか、住宅版エコポイントの対象となる断熱性能の高い複層ガラスや樹脂サッシによるCO2削減効果などをわかりやすく紹介しています。窓を見直すことから、風や光といった自然エネルギーを活用する、気持ちの良い暮らしをはじめてみませんか?

ブース:木の家プレミアムパートナーズ・重量木骨の家

理想の家づくりは、工務店との顔の見える関係から始まります。「木の家プレミアムパートナーズ」は、技術力はもちろん、健全な経営状態のチェックなどを経て選び抜かれた工務店。ブースでは、東京、埼玉、神奈川の工務店が共同出展。家づくりのプロが、これからの木の家づくりついてわかりやすく教えてくれます。

ブース:適材適所の会

「木育」を通じて、国産材の持続可能な活用を!

木は語らずとも大切な事を教えてくれます。私たちは木によって教えられ、育む事も多々経験してきました。だからこそ、木への恩返し、そして共に育まれる関係を望んでいます。国産材の活用は、まず「杉」の活用から。日本固有の樹種である杉の素晴らしさを紹介しながら、杉のィもちゃから杉板まで、様々な杉グッズの販売を行うと共に、「東北の杉から立ち上がろう!」という趣旨のもとチャリティグッズの販売も行います。その収益の一部は、東海大学チャレンジセンターの「どんぐりハウス」プロジェクト、および、more Treesの被災地支援プロジェクト・LIFE311」に寄附されます



(C)Copyright 2005 ロハスクラブ(Lohas Club)
プライバシーポリシー