ロハスクラブTOP

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人審査メンバー」。メンバーになると、「第3回ロハスデザイン大賞2008」をはじめとするロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みいただけます(無料)。
個人審査メンバー登録へ


Lohas Design Award

第2回ロハスデザイン大賞2007 記念講演と記念シンポジウム

本年度のロハスデザイン大賞がいよいよ決定します。
インターネット、新宿御苑展を経て投票された各部門の大賞が発表されるこのシンポジウムに参加しませんか。 当日は、「農」から、「食」「健康」「環境」を通じた新しいロハス的な暮らし、考え方を提案するシンポジウムも開催する予定です。
また、ハーブやアロマにおいて、オーガニックの姿勢を貫く研究者、ロドルフ・バルツ氏をフランスから招き、講演をしていただきます。
地球とヒトがともに健康に共存できる、そんな新しいアプローチを提案していきます。

応募はこちらから
先着、100名様とさせていただきます。
お席は自由席となっております。来場多数の場合は、お立ち見の場合もございますので、予めご了承ください。



【開催概要】

催事名称 : 第2回ロハスデザイン大賞2007 発表・記念シンポジウム
主催: 有限責任中間法人ロハスクラブ
共催: チーム・マイナス6%(環境省)
特別協賛: 特定非営利活動法人 日本再生プログラム推進フォーラム
協賛:ロハスクラブ評議会
開催場所: 東京/丸ビル7F・丸ビルホール
開催期日: 平成19年6月5日(火) 世界環境デー
時間: 9:30開場 10:00開会 12:45閉会予定
        第一部 記念シンポジウム
        第二部 第2回ロハスデザイン大賞2007発表

入場料: 無料
参加募集 : ロハスクラブHPより事前申込
先着、100名様とさせていただきます。
お席は自由席となっております。来場多数の場合は、お立ち見の場合もございますので、予めご了承ください。

第2回ロハスデザイン大賞2007について
都市を構成する市民・企業・行政にとって、「健康で快適なライフスタイルと地球環境の持続可能な共生」は、欠かすことのできない共通のコンセンサスであり、そしてそれはロハスの重要なコンセプトでもあります。
そのような観点から、ロハスクラブでは、第2回目となる本年度のロハスデザイン大賞のテーマを「サスティナブル・デザイン」とし、「ヒト」「モノ」「コト」の3つカテゴリーについてのエントリー候補の一般公募を行いました。応募総数349点から、一般会員(個人インターネット審査会員)の予備投票、また、ロハスクラブ評議会による予備審査を経て、最終審査エントリー候補として3部門合計86点を選定いたしました。

最終審査投票は、一般会員によるインターネット投票(http://www.lohasclub.jp/)、また、新宿御苑展における来場者投票(一般来場者)の合計により決定いたします。

第2回 ロハスデザイン大賞2007
ヒト部門 / モノ部門 / コト部門  3部門大賞の発表・表彰



第2回ロハスデザイン大賞2007
記念講演と記念シンポジウムについて

テーマ:ロハス的 『農』から健康への新アプローチ

(1)記念講演 ロドルフ・バルツ ~人と健康と環境との関係~
(2)記念シンポジウム
ナビゲーター 藤原直哉 [経済アナリスト]
登壇者 渡邉泰雄 [医学博士]
福岡伸一 [分子生物学者]
大橋マキ [アロマセラピスト]

ロハス的な視点から営む「農」が、「食文化」、「健康」、「環境」へ新しいアプローチをつくり出します。
健康で快適な暮らしを送るために、私たちは自然の営みと寄り添う、新しい枠組みを作っていくことが必要不可欠となっているのではないでしょうか。
農薬などを使わず、地球の循環などにも配慮した農業経営は、安全な食の提供だけでなく、食事による予防医学、日本の農業発展による地産地消とフードマイレージ(※)からつながる地球温暖化防止へのアプローチ、自然のもつ力を借りた自然治癒、ココロの安定など、ロハスな暮らしをデザインしていきます。

[キーワード]

  • オーガニックな農業経営とは
  • 食生活から予防医学を考える
  • 食卓から地球温暖化防止に取り組む
  • 自然と寄り添う暮らし

(※)フードマイレージとは、食べ物がとれたところから食べるところまで運ばれる距離のこと。「食糧の輸入量(トン)」に「輸送距離(キロメートル)」を乗じた数値(t・km トンキロメートル)で表わされるもので、この値が大きいほど環境への負荷が大きいという考え方です。
また、フードマイレージは、輸送で排出されるCO2量が距離から計算できるので、CO2削減の指標となるものであり、かつ日本の「地産地消」という考え方を数量的に裏付けるものでもあります。
近くでとれた安全な野菜、国内でつくられたものを、普段の食生活に取り入れることで環境に優しい生活を実現する。自身の健康だけでなく、地球温暖化を防止していくこともできるのです。 2000年では1人当たりのフードマイレージは、日本が約5,000t・kmであるのに対し、韓国は3,200t・km、アメリカは500t・kmと大きな開きがあります。

【記念講演】

「人と健康と自然環境との関係」
 地球環境に負荷をかけることなく、健康を持続させるために人と自然環境の共存を目指した新しい医学 や農業について、ヨーロッパで精力的に活躍されているロドルフ・バルツ氏を招き、「人と健康と自然環境 との関係」をテーマに、今後の日本のオーガニックの基準つくりに役立つヒントを提示いただきます。

Dr. Rodolph Balz (ロドルフ・バルツ)
Dr. Rodolph Balz (ロドルフ・バルツ)
1944年ジュネーブ生まれ、ジュネーブ国際大学卒業後、地質学と生物学研究所で研究し、学位 をとる。その後9年間教鞭をとり、人間と環境の関係について地質学、生物学に留まらず、独自 な、いわば百科全書的な視点で研究する。植物と人間が補完関係にあることを先駆的に示し、 人智学の基礎を築いたルドルフ・シュタイナーの研究を踏まえ、さらに医学や化学などの最新の 知識を随時反映させながら、現在でも研究を進めている。この見地から、自然にフィトテラピーに 興味を抱き、その用法を植物専門医から学ぶ。このフィトテラピーが可能な植物のオーガニック 栽培を自身で行い、医療用植物とエッセンシャルオイルを使い、アロマテラピーを含む代替医療 の研究や オーガニック化粧品の開発を行っている。現在はコスメビオCOSMEBIOのプレジデン トであり、 IRIS社(ヘルスリサーチインターナショナル研究所)を運営している。

【シンポジウム】

  「ロハス的 『農』から健康への新アプローチ」をテーマに、経済、医学、生物、暮らしの第一人者の方々を 招き、新しい農業経営がもたらされる人と環境への影響から、ロハス的なライフスタイルの提案をしていきます。

●ナビゲーター
藤原直哉 (ふじわら・なおや) 経済アナリスト

藤原直哉 (ふじわら・なおや) 経済アナリスト 東京大学経済学部卒業、現在、シンクタンク藤原事務所所長。独立系シンクタンクとして「経済」「政治」「国際情勢」「組織のリーダーシップ」に関する独自の分析を行っているほか、小田原市でロハス体験学校の主催、コンサルティング、社内教育、講演、執筆活動を行っている。社会人学校「藤原学校」を東京で月2回開催し、全国各地で「藤原塾」も開催している。著書は、『ロハスでよみがえる「日本再生プログラム」』(万来舎)、『TheGreatCollaboration』(iUniverse, Inc.)、『仕事力スイッチ―わが子をニートにしないために』(万来舎)など著書多数。

●登壇者
渡邉泰雄 (わたなべ・やすお) 医学博士
渡邉泰雄 (わたなべ・やすお) 医学博士 日本薬科大学・教授(医療薬学科薬理薬物治療学分野)(専門;神経精神薬理学・臨床薬理)。 約30年間にわたり国内外の医学部ならびに薬学部で神経薬理学・免疫薬理学を中心に教育や研究を行い、抗精神病薬、抗不安薬等の新薬開発にも携わる。また、天然物質のキノコ類や機能性食品類の薬効解析や機序解明を積極的に行い、医療における「食」の捉え方を医薬品等の相互作用を踏まえて薬用量を調整することによって副作用の軽減や患者の意欲へと繋げられる研究に取り組んでいる。『クスリの判る本』(地人書館)『抗不安薬の新しい展開』(医薬ジャーナル)など著書多数。

福岡伸一(ふくおか・しんいち)分子生物学者
福岡伸一(ふくおか・しんいち)分子生物学者 青山学院大学・教授(化学・生命科学科) 米国ロックフェラー大学およびハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授を経て、青山学院大学理工学部に新設された化学・生命科学科教授。第1回科学ジャーナリスト賞受賞。専門分野で論文を発表するかたわら一般向け著作・翻訳も手がける。近作に、狂牛病禍が問いかけた諸問題について論じた文春新書『もう牛を食べても安心か』(文藝春秋)、タンパク質病原体説に疑問を投げかけた講談社出版文化賞受賞のブルーバックス『プリオン説はほんとうか?』(講談社)、ソトコト新書『ロハスの思考』(木楽舎)、最新刊に『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)などがある。

大橋マキ(おおはし・まき) アロマセラピスト
大橋マキ(おおはし・まき) アロマテラピスト フジテレビアナウンサーを退職後、英国に留学し、植物療法を学ぶ。イギリスの美しい自然のなかで暮らしながらアロマ(香り)への造詣を深め、IFA認定アロマセラピストの資格を取得。現在、アロマセラピストとして病院に勤めるかたわら、執筆・翻訳活動、J-WAVE『LOHAS SUNDAY』などのラジオ、テレビ朝日『素敵な宇宙船地球号』、BS朝日『Happy! Lohas』などのTVナビゲーターなど多方面で活躍中。著書には『アロマの惑星』(木楽舎)、『ハーブティーバイブル』(東京堂出版)、『日々香日』(サンマーク出版)、『セラピストという生き方』(BABジャパン出版局)。

※各イベントの出演者、プログラム内容、スケジュールは予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。



応募はこちらから
先着、100名様とさせていただきます。
お席は自由席となっております。来場多数の場合は、お立ち見の場合もございますので、予めご了承ください。


▲このページのトップへ戻る

(C)Lohas Club