ロハスクラブTOP

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人審査メンバー」。メンバーになると、「第3回ロハスデザイン大賞2008」をはじめとするロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みいただけます(無料)。
個人審査メンバー登録へ


Lohas Design Award

一覧に戻る

栗懐中箸入れ

エントリー名称:栗懐中箸入れ
企業名/団体名/個人名:柏木工房
推薦者氏名(個人審査員):ロハスクラブ事務局
URL:http://www.miasa.ne.jp/~kay/

概要:
長野県、柏木工房・柏木圭氏作の携帯箸。 冬季の「新月時期」に切った栗の木で手づくりされた箸と箸入れ。 「新月の木」は木に含まれる水分量が少ないため、割れ、歪み、狂いなどが生じにくいのが特徴。 拭き漆で仕上げた携帯用の箸をデザイン。 籐で編んだ輪で締める箸入れは、箸をコンパクトに持ち運べて、細いフォルムが使う人の手に馴染む。 材料は栗の木がメインだが、胡桃材、桜材を使ったものも展開している。

エントリーへのコメント

エントリーのロハスなポイント:
冬季の「新月の時期」に伐採した木は、木に含まれる水分量が少ないため、乾燥した状態で材が取れる。このため「割れ、ゆがみ、狂い」のない良質な材料となると、昔から山仕事に関わる人々の間で言い伝えられてきた。 その新月伐採の栗の木で作られた「箸入れ」。 拭き漆で仕上げられた木肌は、とても美しく、手にも馴染む。 自然の力を知り、その力を最大限に生かした「ものづくり」だ。


一覧に戻る

(C)Lohas Club