ロハスクラブTOP

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人審査メンバー」。メンバーになると、「第3回ロハスデザイン大賞2008」をはじめとするロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みいただけます(無料)。
個人審査メンバー登録へ


Lohas Design Award

一覧に戻る

ミスト農法

エントリー名称:ミスト農法
企業名/団体名/個人名:オーツーコーポレーション
推薦者氏名(個人審査員):ロハスクラブ事務局
URL:http://www.o2-corp.co.jp/

概要:
土壌の活力を生かしながら植物の生長を活性化し、農薬を使用せずに安心安全の野菜を提供する新しい農法。 それがミスト農法である。 このシステムは、ハウス内の高設棚上に、栽培床として約6cmの培土を敷き、植物の苗を定植。 根の部分に液肥をミスト噴霧する。 ミストの粒子を細かくすることで、拡散性を高め、効率よく根に栄養と酸素を与えることができる仕組みだ。 農薬を一切使用せずに安全、高栄養価、鮮度を長持ちさせ、1年間を通しての野菜生産が可能である。 さらに、この農法は-20℃を下回る寒冷地など過酷な条件下においても、野菜の生産ができる。 40%を下回る日本の食料自給率向上と、農業復興に貢献できる画期的農法だ。

エントリーへのコメント

makuさんの評価:
現在の日本の農業は多くの問題に突き当たっていると思います。その中でこの農法は安心・安全の完全無農薬は今後の日本の農業を大きく変えていく画期的な農法だと思います。

オススメ度:
posted:2007-05-30 10:44:56.363569

ディープエコロジーさんの評価:
 日本の農業は、農薬問題、土地の疲弊の問題、野菜の栄養価低下の問題、人的資源流出の問題など、世界的にみても最悪の状態である。この現状にあって、「野菜は地面で育てるもの」という既成概念を見事に打ち破った発想のブレークスルー。見事としか言いようがない。21世紀の農業の新しい方向付けを示唆する点、遺伝子操作などを一切行なわず植物が本来持つ力を最大限に引き出す点、完全無農薬かつ高栄養価野菜を提供できる点など、どの点をとっても秀逸である。まさに農業復興に貢献する画期的農法である。
オススメ度:
posted:2007-05-09 12:36:52.432869

エントリーのロハスなポイント:
化学農薬を一切使用せずに安全、高栄養価、鮮度長持ちかつ1年間を通しての野菜生産を実現。さらに、この農法は-20度を下回る寒冷地や積雪4mをこえる豪雪地帯のような過酷な条件の元においても、野菜の生産を可能とし、日本農業復興、日本の食糧自給率向上に寄与していくことが予想される。 現在は大葉、ハーブの生産を全国各地で行い、市場等を経由せずに、生産現場から販売店舗へ直接流通させている。今後はイチゴ、トマトなど栽培品種を順次拡充していく予定。


一覧に戻る

(C)Lohas Club