ロハスクラブTOP

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人審査メンバー」。メンバーになると、「第3回ロハスデザイン大賞2008」をはじめとするロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みいただけます(無料)。
個人審査メンバー登録へ


Lohas Design Award

一覧に戻る

国内産十六種雑穀米

エントリー名称:国内産十六種雑穀米
企業名/団体名/個人名:ベストアメニティ
推薦者氏名(個人審査員):ロハスクラブ評議会
URL:http://www.bestamenity.co.jp/

概要:
日本の「食の安全」を守るという志を掲げ、日本の食糧自給率を現状の40%から50%まで引き上げようと、全国1500の農家と提携して雑穀の栽培を推進しているベストアメニティ。 日本古来の主食であった雑穀の栄養価を多くの人に知ってもらいたい。 その思いが詰まったのが、この十六種雑穀米。 純国内産雑穀100%でビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれ、お米に混ぜて炊くだけで不足しがちな栄養素を補うことができる。

エントリーへのコメント

しまんとさんの評価:
普段から食べています。日本の古き良き時代の食べ物のような気がします。これを食べていればメタボリックや成人病とは無縁の生活が送れそう。まさに「ロハス」な物だと思います!

オススメ度:
posted:2007-05-08 16:44:40.107088

しまんとさんの評価:
普段から食べています。日本の古き良き時代の食べ物のような気がします。これを食べていればメタボリックや成人病とは無縁の生活が送れそう。まさに「ロハス」な物だと思います!
オススメ度:
posted:2007-05-08 16:44:18.589921

エントリーのロハスなポイント:
白米文化になって数十年。日本人は昔から米に色々な雑穀を入れて食べていました。しかし食の欧米化に伴ってそういう習慣は少なくなり、その結果様々な問題が出てきました。 今までは「雑穀」というと一部のコアなユーザーが食べるもの、という商品でしたが現在ではヘルシーな物、美容や健康のためにという事で一気に市場が広がりを見せています。 雑穀米のパイオニアとして、おいしさ・栄養価・国内産100%というこだわりを一貫して持ち続け、単に「売れるから」という考えではなく、「今の日本人に必ず必要な物」という考えのもと、商品化を行っております。 いくら体に良くてもまずければ続きません。ベストアメニティの雑穀米は徹底して「おいしさ」にこだわり、日本人の主食である米のおいしさを損なわずに、むしろ、よりおいしくし、栄養価もアップしています。原料を全て国内産100%にし、全て契約農家から仕入れる原料の雑穀は日本の食糧自給率アップにも貢献しており、弊社が掲げる「031350(セロサンイチサンゴーマル)運動」、2003年から2013年までの10年間に日本の食糧自給率を50%まで上げるという運動にも関連しています。 一つの企業が設けるのではなく、生産してもらう農家が潤い、加工するメーカーが潤い、国内産の、しかも地元の原料を使用することで地元が潤い、それを販売することで取引先が潤います。またそういう商品を食べたお客様が喜ぶ・・・そのように全体が潤い、いい方向で進んでいけばいいと思っています。


一覧に戻る

(C)Lohas Club