ロハスクラブTOP

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人メンバー」。メンバーになると、ロハスデザイン大賞で公募するエントリーの登録や、第1次審査への投票などに参加できます。ほかにもロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みできます(無料)。
個人メンバー登録へ。

Lohas Design Award

ヒト部門 モノ部門 コト部門 新規エントリーの登録はこちらから

005 青山明弘

登録No: 005 ヒト
エントリー名称:青山明弘
企業名/団体名/個人名:
推薦者氏名(個人審査員):チャーリー
URL:http://peopleport.jp/

概要:
ピープルポート株式会社代表の青山明弘さん。祖国を追われて日本に避難してきた難民の人々が日本で経済的に困窮し、社会的にも孤立している状況を解決しようと同社を設立しました。 同社は不要な電子機器を無料で回収し、解体・修理を行っています。その回収・解体・修理を難民の人々と行うことで雇用を創出しているだけでなく、電子機器の買取金額相当を学校へ行けない子どもたちを支援する日本のNPO法人へ寄付することを通して、子どもたちの支援も行っています。 青山さんは祖父母から戦争の話を聞いて育ったことから、「自分の大切な人が理不尽に奪われる戦争・紛争」に課題意識を持つようになりました。そして学生時代にカンボジアで内戦経験者へインタビューした事をきっかけに、ソーシャルビジネスでの戦争・紛争解決、および被害者の支援を志すように。 現在は、「避難先の国に貢献することを通じて、難民が貧困・孤立から抜け出し、自分らしくいられる場を作る」というピープルポートの取り組みを世界中に展開をしていくことで、どんなバックグラウンドを持つ人でも互いに認め合える多文化共生社会を実現していきたいと考えられています。 <問い合わせ先> ピープルポート株式会社 Tel:092-292-5791 Mail:info@borderless-japan.com Web:https://peopleport.jp/

エントリーへのコメント

エントリー推薦者のコメント:
同社の主な取引先は企業です。企業では使えなくなったパソコンを費用を支払って処分していまが、実はそれらの電子機器の中には修理をすればまだ使えのものも多くあります。 そこで同社が無料回収をすることで企業も助かるだけでなく、電子機器を修理して中古品として販売することで環境にも優しい仕組みとなっています。 このように、ビジネスを通して難民・子供たちを支援しながら、 環境にも企業にも優しい仕組みに挑戦しているところが「ロハス」なポイントだと思います。


ヒト部門 モノ部門 コト部門 新規エントリーの登録はこちらから
(C)Lohas Club