ロハスクラブTOP


簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人メンバー」。メンバーになると、ロハスデザイン大賞で公募するエントリーの登録や、第1次審査への投票などに参加できます。ほかにもロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みできます(無料)。
個人メンバー登録へ。

Lohas Design Award

ヒト部門 モノ部門 コト部門 新規エントリーの登録はこちらから

033 放射能検査プログラム(日本GAP協会)~「農場ごとの安全宣言」~

登録No: 033 コト
エントリー名称:放射能検査プログラム(日本GAP協会)~「農場ごとの安全宣言」~
企業名/団体名/個人名:
推薦者氏名(個人審査員):日本GAP協会
URL:http://jgap.jp/JGAP_News/shien_campaign.html#houshan...

概要:
農産物の安全・安心を専門とするNPOが立ち上げた被災地支援と日本の食の未来を見据えたプロジェクト。「この農場の商品なら安心だね」と言ってもらうための仕組みです。 ●ステップ1:農場内全ての畑の放射線量を調べます 放射線量が特に高い畑が無いか確認。 ●ステップ2:農場の土は大丈夫かな? 畑の調査に加え、土の精密検査もします。 根っこから吸収することも考慮し、栽培する土の安全性を確認。 ●ステップ3:収穫された農産物は大丈夫かな? 農産物を専門機関で検査し、不検出であることを確認。 http://jgap.jp/JGAP_News/shien_campaign.html#houshanou_kensa_program

エントリーへのコメント

earth-TKさんの評価:
このように根拠のある安全宣言でなければ、混乱が先行します。 今日のマスメディアは視聴率を意識してなのか、面白おかしく、しかも自分の都合の良い部分だけの報道(市民に対するインタビューでも都合の良いところだけピックアップした内容になっている)が多いのが気にかかります。

オススメ度:
posted:2012-05-07 14:19:27.677725

エントリー推薦者のコメント:
「東北の農産物は応援したいけれど、安全性が心配」そんな不安をまっすぐ受け止め、実際の測定数値をもとに安全宣言。「こどもの未来を心配する親御さんに、風評被害に苦しむ農家さんに根拠ある信頼と未来を」そんな願いを【日本GAP協会 放射能検査プログラム】に感じる。 プログラムのアイデアは、自由に真似できる。 日本GAP協会だけでなく、多くの関係者が自主検査プログラムを実施することで、全体として安心感を与えることができるというオープンな考え方が先進的。


ヒト部門 モノ部門 コト部門 新規エントリーの登録はこちらから
(C)Lohas Club