ロハスクラブTOP

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人メンバー」。メンバーになると、ロハスデザイン大賞で公募するエントリーの登録や、第1次審査への投票などに参加できます。ほかにもロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みできます(無料)。
個人メンバー登録へ。

Lohas Design Award

一覧に戻る

014 田中英一

登録No: 014 ヒト
エントリー名称:田中英一
企業名/団体名/個人名:家具作家
推薦者氏名(個人審査員):コニシ
URL:http://www.labo-style.com/

概要:
オリジナル家具制作会社『ラボラトリー』代表および家具職人。木を通した環境活動や障害を持つ子どもたちの支援などを行っている。

エントリーへのコメント

laboratory staffさんの評価:
急がない、素材と呼吸を合わせたものづくり。 ひと昔前には当たり前だった「手作業のスピード」に戻ることで、 ひとつひとつの動作に自然と心がこもり、魂のある「いいもの」が出来上がるのだと信じています。 無垢材を使用する際、通常なら切り捨ててしまう節の部分や皮などをあえて残してデザイン化し、 命ある素材を隅々まで活かした家具づくりを提案しています。 作業はひたすら手作業で鉋を幾度も幾度もあてます。田中英一の手鉋にかかると、木材は機械作業では決して得られない大理石のような肌触りに姿を変えます。 その肌を殺さぬよう、仕上げは表面に膜を貼る化学塗料を使わず、木肌に浸透する天然オイルを使用します。 そのようにして、木素材にも人にも優しい、代々引き継ぐことができ、また受け継ぎたくなるような家具を日々つくっています。

オススメ度:
posted:2009-05-07 19:56:20.290673

エントリー推薦者のコメント:
広葉樹を使用し、金具を使わない昔ながらの方法を用いて、生涯を共にできる家具づくりを行う。その傍ら、森林保全活動団体『五反舎』で、仲間とともに高尾山の森林を守る活動を行い、カーボンニュートラルな社会を目指す。また、学校や劇団などでワークショップを開催し、木と触れ合うことで「気づき」を体感することを提案。2008年からは白梅学園大学で、障害を抱える子どもたちに向け、工作を通したコミュニケーション支援を行う。


一覧に戻る

(C)Lohas Club