ロハスクラブTOP

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人メンバー」。メンバーになると、ロハスデザイン大賞で公募するエントリーの登録や、第1次審査への投票などに参加できます。ほかにもロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みできます(無料)。
個人メンバー登録へ。

Lohas Design Award

一覧に戻る

009 ロザンヌ・ハガティ

登録No: 009 ヒト
エントリー名称:ロザンヌ・ハガティ
企業名/団体名/個人名:コモン・グラウンド創業者
推薦者氏名(個人審査員):まさ
URL:http://www.commonground.org/

概要:
ホームレスへの支援を通じて、地域社会の活性化に貢献するプログラムを独創的な手法で実現している、コモン・グラウンドの創業者、ロザンヌ・ハガティ氏。名門アマースト大学を主席卒業後、ニューヨークの教会で1年間ホームレス支援のボランティアをしていたハガティ氏は、このままでは問題の根本的な解決にはつながらないと考え、一つのアイデアを思いつく。それはニューヨークの中心、タイムズ・スクエアにある中古ホテルを改装し、ホームレスに安価で住居を提供、同時にヘルスケア、就業支援サービスを行うというものだった。

何のバックグラウンドも資産も持たない氏は、その資金の融資を市に申請。粘り強い交渉の末、市長直々から融資の承認を受けたコモン・グラウンドの取り組みは、現在ではニューヨーク市を中心に他地域にも展開し、その規模は2000室以上に及ぶ。そして、最初に取り組んだタイムズ・スクエア周辺では、ホームレスが87%減り、同時に犯罪率も激減(殺人100%、窃盗80%減少)、安全な街として不動産価値も大きく上がり、地域に貢献するなど、大きな成果を生み出している。

また、この取り組みのもう一つの側面は、その事業性。非常に快適な部屋や充実したサービスを提供しながらも、市がシェルターや刑務所、病院でホームレスを受け入れるコストよりも格段に低いコストで運営を実現。

エントリーへのコメント

エントリー推薦者のコメント:
犯罪率の低下など、見えづらい活動の成果を数値化し、ミュニケーションすることで社会的投資を呼び込むという事業的方法論を用い、効率的な運営を進め、同時に、持続的に活動が行える体制を整え、社会課題をその根本から解決する活動を大きく展開する、まさに事業と社会性を融合させた社会起業家の好事例であるといえる。


一覧に戻る

(C)Lohas Club