ロハスクラブTOP

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人メンバー」。メンバーになると、ロハスデザイン大賞で公募するエントリーの登録や、第1次審査への投票などに参加できます。ほかにもロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みできます(無料)。
個人メンバー登録へ。

Lohas Design Award

一覧に戻る

039 NS_cane

登録No: 039 モノ
エントリー名称:NS_cane
企業名/団体名/個人名:
推薦者氏名(個人審査員):machikadono
URL:http://www.waterdesignscope.com/

概要:
高性能コンピューターや通信機能、カメラやマイク、センサーを備えた近未来の杖。盲導犬に代わる情報の相棒として開発が進む。

エントリーへのコメント

エントリー推薦者のコメント:
慶應義塾大学SFC政策・メディア研究科の坂井直樹教授らが、「盲導犬に代わる情報の相棒となる杖と、都市空間や通信インフラとのコミュニケーション」をテーマに開発を進める、通信機能を備えた杖。杖にはマイクやカメラ、通信・通話機能を内蔵し、「拾った音をもとに、杖のグリップを振動させて危険を知らせる」「黄色いタイルや横断歩道の白線を認知し、振動で通知する」など、実用機能の開発を推進中だ。さらに、グリップを掴んで引き上げ、さらに地面を押すという杖の基本操作を特徴的なグリップのデザインに反映した。杖のコンセプトを坂井直樹、プロダクトデザインは、職人・菅野敬一(AERO CONCEPT)が担当。


一覧に戻る

(C)Lohas Club