ロハスクラブTOP

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人メンバー」。メンバーになると、ロハスデザイン大賞で公募するエントリーの登録や、第1次審査への投票などに参加できます。ほかにもロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みできます(無料)。
個人メンバー登録へ。

Lohas Design Award

一覧に戻る

035 カーボンオフセットはがき

登録No: 035 モノ
エントリー名称:カーボンオフセットはがき
企業名/団体名/個人名:郵便事業株式会社
推薦者氏名(個人審査員):ロハスクラブ事務局
URL:http://www.post.japanpost.jp/kifu/

概要:
カーボンオフセットはがき(年賀はがき・かもめ~る)で、目指せCO2 マイナス6%! 日本郵便は平成20年用から、カーボンオフセット可能な寄附金付き年賀はがき及びかもめ~る、『カーボンオフセットはがき』を販売。1枚あたり寄附金5円に日本郵便が5円(マッチング寄附)を加えた計10円を、公募により配分決定した非営利団体に配分し、CDM(クリーン開発メカニズム)クレジットの取得・償却に使われる。また同団体に対し、日本郵便から同寄附とは別に地球温暖化防止活動にも助成している。

エントリーへのコメント

エントリー推薦者のコメント:
年賀状に暑中見舞いと、季節の行事や挨拶のために欠かせないはがき。需要の多さに着目し、寄附金を付けたはがき一枚55円で販売。個人では困難な排出権の購入がはがきを通じて簡単に実現できるため、多くの人が気軽に地球温暖化防止に貢献できる。寄附金を通じて非営利団体の環境活動を助けることで、京都議定書で定められた温室効果ガス、マイナス6%の削減を促進する。20年度は寄附金総額1億4,985万円(日本郵便のマッチング寄附を含む。)により、38,175トンのCDMクレジットを取得・償却。 日本の通常の家庭生活で発生する1日1人当たりのCO2量が約6kg、カーボン・オフセットはがき1枚当たりのCO2削減量は約2.6kg、同はがき16枚で1人当たりの1週間分のCO2排出量(約42kg)を相殺する。


一覧に戻る

(C)Lohas Club