ロハスクラブTOP

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人審査メンバー」。メンバーになると、「第3回ロハスデザイン大賞2008」をはじめとするロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みいただけます(無料)。
個人審査メンバー登録へ


Lohas Design Award

一覧に戻る

026 竹マイ箸

登録No: 026 モノ
エントリー名称:竹マイ箸
企業名/団体名/個人名:ベストアメニティ
推薦者氏名(個人審査員):ロハスクラブ事務局
URL:http://www.bestamenity.co.jp/

概要:
日本ならではの素材、竹を使ったマイ箸。 古来、日本の文化として親しまれている竹を素材にしたマイ箸。 切り出した孟宗竹を乾燥させ、丈夫で、風合いも豊かな、長く愛用できる箸を作った。 ベストアメニティが、雑穀料理研究家の王理恵さんとともに ブランドを立ち上げて推進している、マイ箸運動のエコプロダクトだ。 手入れされない里山の竹林が害を及ぼしている現在、 竹を使うことは里山の環境保護にもつながる。 木の箸も素敵だが、竹の箸も一膳、携帯してみてはいかが?

エントリーへのコメント

エントリー推薦者のコメント:
金箸を使う中国、ナイフやフォークを使う欧米人に比べ、日本人は美食家でありながら環境意識が低く、マイ箸を使っている人はいましたが、人に広めるという運動はなされていませんでした。 今日、マイ箸の格好よさが一つの要因となり、マイ箸が日本人に広がりつつあります。また、竹は日本の山で過剰になっており、木に比べて用途の少ない竹を箸として利用することで山の環境にも良いという相乗効果をもたらします。よって環境への効果が木のものより期待される理由から、マイ箸の中でも竹のマイ箸を推薦いたします。


一覧に戻る

(C)Lohas Club