尾瀬 尾瀬
「尾瀬から届けるメッセージ」
色鮮やかな紅葉に染まった秋の尾瀬。「尾瀬だけでなく、みなさんのまちもより美しくしましょう!」と群馬県立尾瀬高等学校の生徒たちがメッセージを伝えながら、 散策を終えたハイカーの方々にエコバッグを配っていました。
尾瀬集合写真
自然環境科の松井孝夫先生は、「以前からハイカーにはゴミ袋が配付されていますが、その活動を一歩進めて、 今回はエコバッグを配ってみてはと提案したのです」と、尾瀬でのエコバッグ配布のきっかけを説明してくれる。東京電力で尾瀬保護活動を担当している竹内純子さんも、 「尾瀬だけでなく、みなさんが暮らしているまちもより美しくしていただきたいという願いを込めてエコバッグをお配りしました。 ゴミ持ち帰り運動発祥の地・尾瀬で学ぶ生徒たちの手から全国の方々へ、ゴミ削減の思いがメッセージされるのは素晴らしいこと」と笑みを浮かべていました。
尾瀬
(左)「みなさんのまちのゴミ削減に役立ててください」と生徒の皆さんがエコバッグを配っています。
(中)「ハイカーの意識向上と東京電力さんや地域のみんなの取り組みによって、尾瀬は美しい自然環境を保持しています」と尾瀬高等学校の松井孝夫先生。
(右)東京電力は、ボランティアや尾瀬高等学校の生徒たちとともに尾瀬のふもとで植林活動を行っています。初めて木を植えた場所には記念碑が。
東京電力の竹内純子さん。
東京電力の竹内純子さん。今回のエコバッグは東京電力の協力によって生まれた、ブナの苗木が描かれた特別バージョン。 「尾瀬で感じた自然の美しさをエコバッグと一緒に持ち帰ってください!」。

photographs by Yukiko Rachi text by Kentaro Matsui
special thanks to TOKYO ELECTRIC POWER COMPANY
Copyright (C) 2006 LOHAS CLUB. All Rights Reserved.