LDA2016

簡単な手続きだけで登録できる「ロハスデザイン大賞 個人メンバー」。メンバーになると、ロハスデザイン大賞で公募するエントリーの登録や、第1次審査への投票などに参加できます。ほかにもロハスクラブが主催するイベントに優先参加できるほか、さまざまなインフォメーションをメール配信します。

まだメンバー登録がお済みでない方は、こちらからお申し込みできます(無料)。
個人メンバー登録へ。

LDAアーカイヴ

過去に行われたロハスデザイン大賞の受賞ノミネート、エントリーやエキシビジョンレポート、発表記念シンポジウムや特設コンテンツなどをご覧になれます。


第12回ロハスデザイン大賞2017

第12回ロハスデザイン大賞2017
みんなでつくるローカルデザイン

ローカルとは、私たちの足元にある暮らしそのものだと、ロハスクラブは考えます。私たちの暮らしは、多様な生物、自然と共にあります。豊かな気候風土のなかで、先人たちはそれぞれの地域で、環境と調和し、ほかの生物と共生をする知恵や伝統を培ってきました。先人から受け継いだ持続可能な社会をつくる仕組み、そして、時代の先端をいく最新の技術を積極的に取り入れ、「賢い選択」をし、自分の暮らしをどうデザインするか。今を生きる私たちにとって重要な視点であり、これから先の未来を構築していくための新たな知恵や技となるのではないでしょうか。

第10回ロハスデザイン大賞2015

第11回ロハスデザイン大賞2016
ローカルデザインの未来

ローカルとは、単に地方を意味するものではありません。ロハスクラブでは、ローカルとは、「多様性に満ちた豊かさ」を指す言葉であると考えます。地域に根差し、地域で磨かれ、地域を潤し、そしてそこから広く浸透していく。それは、日本が、世界に誇ることができる「ローカルデザイン」。2016年、第11回目を迎えるロハスデザイン大賞は、「ローカルデザインの未来/LOCAL LOHAS Design」をテーマとして開催。ヒト・モノ・コトの3つのカテゴリーからのエントリーを募集し、未来へとつながるローカルデザインの数々を一堂に会して通覧してみたいと考えます。

第10回ロハスデザイン大賞2015

第10回ロハスデザイン大賞2015  
ソーシャル・デザイン2015 未来計画

2006年に始まって、これで10回目の開催。10周年!応援、ありがとうございます!今年のテーマは「ソーシャル・デザイン2015 未来計画」。ソーシャル・デザインとは、社会をよりよく、豊かに変えていく方法のこと。それはモノだったり、コミュニケーションの仕組みやソーシャル・リーダーだったり、さまざまです。今回もあなたがイチオシするソーシャル・デザインの実例を大募集!

第9回ロハスデザイン大賞2014

第9回ロハスデザイン大賞2014  
ソーシャル・デザイン2014

2006年に始まって、これで9回目の開催。応援、ありがとうございます!今年のテーマは「ソーシャル・デザイン2014」。ソーシャル・デザインとは、社会をよりよく、豊かに変えていく方法のこと。それはモノだったり、コミュニケーションの仕組みやソーシャル・リーダーだったり、さまざまです。今回もあなたがイチ推しするソーシャル・デザインの実例を大募集!

第8回ロハスデザイン大賞2013

第8回ロハスデザイン大賞2013  
ソーシャル・デザイン2013

社会をよりよく、豊かに変えていくソーシャル・デザイン。それは、私たちの暮らしの中で確実に広がっています。ソーシャル・デザインはプロダクトのみにとどまることはありません。それはコミュニケーションの新たな仕組みだったり、彗星のごとく現れたソーシャル・リーダーだったり、さまざまです。「これはきっとソーシャル・デザインに違いない」とあなたが思ったものを、ドシドシとエントリーしてください! 2013年もみなさんからのよりたくさんの推薦を楽しみにしています!

第7回ロハスデザイン大賞2012

第7回ロハスデザイン大賞2012 
ソーシャル・デザイン −新世紀世代/エコネイティブ世代が求めるつながりと信頼の価値−

新世紀世代とは、エコネイティブな世代、これからの社会の主役になる人たちです。新世紀世代が求める価値とは、個性や共感性の重視、他者の活動が、自己の幸福を満たしているか、といった視点から生まれます。それは、自己と他者との多様なつながりから生まれる「ものがたり」づくりであり、 それが彼らにとっての「信頼価値」となります。 未来の環境、未来の健康を求めるサスティナビリティ、これが、ソーシャル・デザインといえるでしょう。そんな未来へと"つながる"ソーシャル・デザインというテーマでロハスデザインを考えます。

第6回ロハスデザイン大賞2011

第6回ロハスデザイン大賞2011
エコ・ネイティブなヒト・モノ・コト 幸せにつながるグリーンな選択を!

エコ・ネイティブとは、「エコであることは、当たり前で、快適」なこと。これまで、エコを考えてきたことが、当たり前になり、多様性社会に突入しました。さまざまな環境技術や知恵が融合され、新しい社会のインフラ、あるいは、住居やオフィスといった空間に集約され、個人のライフスタイルも、エコ・ネイティブへと進化。人と地球をつなぐエコ、"幸せにつながるグリーンな選択を"することができる、"エコ・ネイティブな「ヒト」「モノ」「コト」"について考えていきます。

第5回ロハスデザイン大賞2010

第5回ロハスデザイン大賞2010
Become a Green Shopper! 幸せにつながる、グリーンな選択を!

「お買い物は、あなたが世界を変えていくためのグリーンアクションです。」 環境のグリーンは、安全・安心のグリーン。2010年のロハスデザイン大賞は、「人と地球、人と社会の幸せにつながるグリーンな選択とは何か?」を皆さんと一緒に考えました。

第4回ロハスデザイン大賞2009

第4回ロハスデザイン大賞2009
ローカーボンスタイル/低炭素社会へのチャレンジ

地球温暖化防止、低炭素社会の構築や生物多様性の保全といった地球規模の課題を前 提に、自分にとって、同時に、地球にとって持続可能で健やかなライフスタイルを実現してく れる、ロハスな「ヒト」「モノ」「コト」をみなさんと一緒に探してみました。

第3回ロハスデザイン大賞2008

第3回ロハスデザイン大賞2008
リニューアブルデザイン

「私たちと地球の生活スタイルを新しく楽しいものに変えてくれるデザイン」 地球温暖化や生物多様性の保全といった社会的課題を踏まえ、自分にとって、同時に、地 球にとって持続可能で健やかなライフスタイルを実現してくれるものをテーマに開催。エキ シビジョンは、神戸でも行い、日本初上陸の隣人祭りも開催しました。

第2回ロハスデザイン大賞2007

第2回ロハスデザイン大賞2007
サスティナブルデザイン

「明日を考えることは、100 年後の未来をデザインすること」 時代の流れや世相、流行を反映しつつも、根本的な理念や設計思想は変わることなく受け 継がれていく。そういったロハスの本質である「サスティナビリティ(持続可能性)」をテーマ に開催し、エントリーを募り、新宿御苑でははじめてのエキシビジョンを行いました。

第1回ロハスデザイン大賞2006

第1回ロハスデザイン大賞2006
ロハスデザイン

はじめてアワード。ロハスをより多くの方が共有できるようデザイン大賞を開催。「ヒト・モノ ・コト」の3部門にカテゴライズし、一般投票、東京丸ビルでの展示投票も行いました。この 回のノミネート候補は、ロハスクラブ評議会が選定。