ロハスクラブTOP

What is LOHAS

  [ロハスとは?]
 « メイン

ロハスと日本の意外な関係

- ソトコト2005年7月号別冊付録チビコトより -

movement

日本で広がるロハス

 日本ではロハスそのものが流行っているといえるでしょう。ロハス・カフェやロハス・レストラン、旅行のパッケージツアーやラジオ番組など、ロハスと名のつくものがあちらこちらに出てきて社会現象にもなっています。アメリカではロハス層をターゲットにしたマーケティングは確立していますが、ロハス・カフェのような店はありません。流行が生まれやすい日本の特徴でもあると思いますが、ロハス層が生まれたきっかけのひとつに、日本人の価値観の変化があると思います。それまで日本人にとってお金が絶対的な価値を占めていましたが、バブルがはじけてそれがもろくも崩れてしまった。その絶対価値を失った喪失感の中、新しい価値を求めていたのです。

 そこにスローライフが登場し、人々は飛びついたのです。これは新しい生活価値として受け入れられたかのように思えましたが、郊外に畑を持って野菜を作ろうというこの思想は、忙しい都市生活者には理想郷でしかなく、限界があった。そういう中で、ロハスが現れたのです。

 ロハスは健康からみた環境を考えることを格好いいと思う、こだわりをもって生きるライフスタイルのことです。ロハスがエコロジーやスローと大きく違うのは、今の自分の生活とのギャップもなく、どんなきっかけからでも今すぐロハスのライフスタイルが送れるということ。会社員でも自営業でもアーティストでも、クルマに乗っている人でも乗っていない人でも、どんな人でもいい。縛りや制約もありません。万人に受け入れられやすいライフスタイルということが、人々に広く浸透した理由だと思います。

 また、ロハスはアメリカのマーケティング用語から派生したものですが、根底には東洋思想が流れているんです。ヨガをしたり、身体にいいものを選んで食べるなど、身体の内側や精神面から美しくなろうとする、まさにこれは東洋思想的発想なのです。ですから、アメリカから日本に、その東洋思想が逆輸入されたということになりますね。

 日本のものは食にしても、すべてがロハス的です。日本の風呂はまさに健康増幅マシーン。畳は夏に涼しく、冬は保温効果もあって一年を通して快適な万能床ですし、日本のトイレはタンクの上から水が出るので、すぐに手を洗うことができて清潔です。どれも自然環境とのつながりをもったものです。日本文化そのものがロハスなので、日本人にとってはひじょうに受け入れられやすいものだったのではないでしょうか。

日本で広がるロハス

(C)Lohas Club